For today 10/Sep/’16 #SelfLove #livehealingly #beautyiseverywhere #spiritualgrowth #Now 

Always search higher levels. Staying at the same place kills your potential literally. 

You can live in the different dimensions and can come and go to any dimension if you choose. 

Your decision to surrender ego leads you to the unknown that beauty of love has. Such a mystical experience is for those who decided to experience it, not for someone who long for but do nothing. If you stay where ego is satisfied, you can never grow as denying voices of your soul. 

You think you would surrender ego after your egos were completely satisfied? 

Now or never. 

You never know whether there is definitely awesome experience beyond your knowledge if you don’t try. And you would never know magnificent love that constitutes the universe if you are not willing to know splendid potential of you. 

Can you find love in beauty of nature? 

•Be quiet. 
•Close your eyes. 
•Take a deep breath and relax. 
•Concentrate on your breathing then listen to the sounds of nature, voices of insects or sound of wind or river. 

River is streaming and gentle wind is blowing. 

•Feel soft wind with all senses. 
•Feel that gentle light pours on you now. 
•Feel warmth of that light. 
•Feel that you are loved by the universe as feeling warmth of that light. 
•Let’s melt into that love…

The more you practice to be quiet, the earlier you become quiet. Wherever you are, you can be calmed. Until then, you may need to be in nature or healing music or quiet place to become calm. 

Did you get closer to your soul? Did you find core? 

Your suchness is love. 

毎日のこと #livehealingly #love 

まぁ、正直言って、庭の手入れも家の中のことも、手が行き届いている状態とはほど遠いんだけどね。
家も土地も広くて。土地は400㎡超えてて。その全部を私が手入れすることを引受けて、やっているんですが。
庭は日本庭園のあちこちに鉢植えを置いてて、春先はその植え替えに追われ、今は毎日水遣りに少なくとも1時間はかけている。

それでも全然手が行き届きはしなくて、雑草はあっという間に伸びてくるし、長い年月の間に手入れするためのスペースがどんどん減ってきてしまって(植物たちは元気に大きく広がっていくから)、本当に手入れが大変だと思うんだけど、その度に、父が日々欠かさず庭に出てこまめに手入れしていたことに感嘆するし、「お父さん、本当に凄いね」って呟いている。
でもね、でもそれだけじゃなくて、庭に1歩出るでしょ。するとそこに、たくさんの生命が輝いているんだよ。それを見て、生命を感じることが出来るんだよ。それが本当にエネルギーに満ちていて、私をワクワクさせてくれるし、愛されてる感が半端ないの。
そして私は庭に出るたびに、「大きくなってくれて有難う」「こんな綺麗な色になるんだね」って、「やぁ、君(蜥蜴)はそんなところにいたんだ」「今日も一生懸命鳴いているんだね」って、幸せに包まれながら、生き物たちみんなに一杯いっぱい話しかけている。
そして彼らは、そんな私に全身で応えてくれるんだ。葉は大きくツヤツヤと、小さな生き物たちはとてもイキイキとして。
よく、「私たちは生かされている」って表現をする方がいるけど、私は単純にそんな風にこれまで思えなかったんだけど、でも、私たちは単に身体だけの存在ではなくて、心も魂も全てひっくるめ、なおかつ「個」というレベルを超えた存在なんだと感じる時、ちょうど庭に出て自然から与えられるすべてに感謝している私は、それが単に身体に対して与えられていることだけに感謝しているわけではなくて、心も魂レベルでも愛されてて、与えられてて、満たされているのを感じるからこその感謝なんだよね。
全てのものが愛されてて、自然の持つバランスの上に成り立っている。そんな目に見えるものすべてを超えて、私たちはこの身体を使って、今此処で生きている。
蝉たちは、毎年生命の限り生き尽くし、卵を産みつけ死んでいく。その卵から新たな生命が生み出され、何年か前の卵から孵った幼虫たちが、夏になると地中から這い出して、殻から抜け出す最適な場所をあらゆる所に見出しては、羽根を広げ乾かしては飛び立っていく。
そうして生命の限りさんざめき、また新たな生命を繋いでくんだ。
あぁ、ほら、こっちには蜥蜴が、ほら、こっちにはアゲハチョウ。みんなみんな生きている。植物たちも生きている。
自然の恵みを受けながら、みんな生命の限りを尽くして生きている。
それはちょうど私たち一人ひとりが、自分たちのエゴのレベルやそれを超えたレベルでも、生命の限り生きているのと何ら変わりないんだ。気づいていようと気づいていまいと、全ての人が、自分を生きているんだよね。ただ「個」と言う形態(身体)を利用して、自分を生きている。
実は私たちはそれを超えたもっとずっと大きな存在なんだけど。それを知るためにも、この「個」が必要なんだよ。これがなければ経験できない。体験できない。そうなんだ。
あぁ、本当にこんな素晴らしいことってない。こんな幸せってないってくらい、幸せに満ちている。
本当に手は足りてないよ。庭の水遣り一つ、足りてない。だから、水切れ起こして葉色が変わってしまうものもあって、「ごめんね」って思うんだけど、その一方で、「去年はもっと全然手入れできなかったのに、みんなは生き延びてくれたよね。だから、今年も生き延びてよね」って言いながら、彼らの生きようとする力を信じてて、私は笑っているんだ。
そう、私は毎日、この自然たちと共に、今、此処で、生きているんだ。
生きとし生けるものすべてに感謝。あなたがそこにいるから、私は私を知ることが出来るんです。本当に有難う。

春になる

金や銀の雨が降り

冬が溶けてゆく

木が毎日美しくなるから

梅になり

木に割れる実がなるから

桃になる

春が

その足音を立てながら

かさこそと近づいて

人びとの心を癒してく

冬の間に硬くなり

寂しくなった寒さの上に

金や銀の雨が降る

その一雨ごとに

溶けてゆく

冬が溶けては

春になる

(2014/3/11 posted)